故人を送るためにしっかりと葬儀について知ろう

葬儀を行なうことで
故人に喜ばれる

葬儀とは

故人との別れの場

葬儀は故人と別れの場として様々な方達が参列する場です。
親族だけではなく中には古い知り合いの方や仕事先の方もいるでしょう。
それぞれが故人との思い出を振り返り最後の別れを偲びます。
葬儀と一言でいっても様々な種類が存在します。例えば宗教でも葬儀の流れは変わってきますし、葬儀の形式自体にも種類があります。
最近では無宗教として特定の宗教の儀礼に当てはまらないような方式で行われる「自由葬」と呼ばれるものや「音楽葬」というものまで存在します。
時代によって葬儀に新しい形式のものが増えてきているのです。
葬儀の内容に関しては故人の希望があればそれに沿ったものにしましょう。
予算との関係もあるので葬儀社としっかり打ち合わせをして決める必要があります。

葬儀の準備

人はいつ亡くなってしまうのかわかりません。ある程度余命が分かっている方もいますが、それでも急変してしまうことがあります。
そのために葬儀の準備は急いで行わなければいけない事が多いです。
故人との別れの悲しさを忘れてしまうほど葬儀の準備は忙しいといわれることもあるほどにやることはたくさんあります。
まずは葬儀社をどこにするか決める必要があります。
葬儀を行う上でどこの場所を選ぶかはとても重要になっていきます。
実は葬儀社には一般的に相場というものがありません。つまり同じ内容でも場所によっては金額が大きく異なる場合があるのです。
そのために複数の葬儀社を探し検討する必要がでてきます。

一般葬とは

葬儀でも一般的に知られているのが「一般葬」でしょう。一般葬とは特定の宗教や宗派の儀礼に則った方式で行われる葬儀のことをいいます。たくさんの参列者が参加する可能性が高いので予算には気をつけましょう。

詳しく読む

家族葬の特徴

葬儀の中には家族や親族だけで行われる葬儀の形式があります。それが「家族葬」です。家族葬は家族や親族のみでゆっくりと故人との別れを行うことが出来ますが、後に故人の知り合いに失礼が無いように配慮しましょう。

詳しく読む

増えてきた自由葬

最近では無宗教の方が増えてきました。そのために「自由葬」と呼ばれる葬儀の人気が上がってきています。故人らしさを表現できるメリットはあるものの、プログラムから全て確認しなければならないので親族の負担も大きいです。

詳しく読む

葬儀社の探し方

葬儀を行うためには葬儀社を選ばなければなりません。葬儀社を選ぶ際には担当者の対応と料金体制をしっかりと確認するようにしましょう。最初に見積書をもらい、相見積もりを行う様にしましょう。

詳しく読む