故人を送るためにしっかりと葬儀について知ろう

葬儀を行なうことで
故人に喜ばれる

増えてきた自由葬

無宗教の影響

葬儀は基本的に宗教や宗派によって葬儀の流れが決まってきます。
しかし最近では無宗教の方も増え、それに伴い従来の葬儀とは異なる葬儀が出てくるようになりました。
それは「自由葬」と呼ばれるものです。これは簡単にいうと宗教や宗派にとらわれない、自由な発想で故人を送る方法です。
無宗教で行うことがほとんどなのが他の葬儀との違いだといえるでしょう。
自由葬は他のものに比べ、より故人らしさや個人の要望を取り入れる事ができます。
中には故人が好きだった音楽を演奏するものもあり、音楽を重視した自由葬のことを「音楽葬」と呼ぶこともあります。
基本的に自由葬は自由に内容を決めることが可能ですが、それ故に葬儀のプログラムを一から親族が考えなければいけないという面があります。
故人が亡くなった後で準備の内容が増えてしまうのは親族にとって大きな負担になってしまうことが多いのです。

故人の思い出を表現

自由葬は他の葬儀と比べてとても自由度が高いものになっています。
そのために故人の好きなものや個性を葬儀に反映させることができるのです。
例えば生前ダンスの教師をやっていた方が亡くなった時、故人の教え子がダンスを踊るというものがありました。
儀礼に乗っ取らないことによって、心に残る葬儀を行うことが出来るでしょう。
しかし中には儀礼に則らないで行われる葬儀に違和感を覚える参列者もいることが多いので、その点は注意する必要があります。