故人を送るためにしっかりと葬儀について知ろう

葬儀を行なうことで
故人に喜ばれる

家族葬の特徴

ゆっくりと過ごす

最近では「家族葬」と呼ばれる葬儀をおこなう方も増えてきました。
家族葬とは家族や親族のみで行われる葬儀のことをいいます。
家族葬は参列者が少ないので費用を軽減することが可能です。しかしその一方で香典の収入が少ないので、ほとんど親族で葬儀の費用を出費することになります。
家族葬は葬儀の中でも親族がゆっくりと時間を過ごすことができる葬儀です。
親族が故人との別れの時間を過ごすことができ、参列人数が把握しやすいので費用に無駄が出にくいのもメリットだといえるでしょう。
しかし葬儀が終わった後に弔問に訪れる方が多くなるので、葬儀後に対応に追われしばらく忙しい日々が続きやすいです。

注意すること

家族葬は身内でゆっくりと別れの時間を過ごすことが出来るメリットがありますが、注意しなければいけないこともあります。
それは故人と親しくしていた方達、つまり参列出来なかった方に理解が得られない事があるということです。
故人との別れを行いたい方は親族以外にもたくさんいることがほとんどです。
そのために葬儀に呼ばれなかったことで不満に思う方もいるでしょう。
葬儀に呼ばれなかった方と後に人間関係がギクシャクしてしまうことがありますので、そのようなトラブルが起きないように細心の注意を払うようにしましょう。
葬儀後に参列できなかった方が訪れる機会が多くなり、対応に忙しくなってしまうのも家族葬のデメリットだといえるでしょう。